借金に苦しむ方を解放する債務整理とは

債務整理とは、『債務』すなわち『借金』を整理する方法です。債務があまりにも多くなってしまい、生活が脅かされてしまうときなどにこの債務整理制度が活用されます。

 

この債務整理には主に次の3つの制度が含まれます。

 

1つは、『自己破産』です。これは、「これまでの借金を返済することができない状況に陥っていることを裁判所で認めてもらうことで、(財産がある場合は没収されてしまいますが)借金を返す必要がなくなる」制度です。

 

2つめは、『任意整理』です。これは、「司法書士と呼ばれる専門家を通じて返済額・返済方法などを交渉し、借金を返せるような条件(例えば、長期の分割払い)で合意を成立させる」制度です。自己破産とは違い、これには裁判所は関わりません。この場合、利息などで多く払ってしまった、所謂『過払い金』などが発生することもあり、これを利用して借金の返済に充てることもあります。

 

3つめは、『個人再生』です。これは、大雑把にいえば『自己破産』と『任意整理』の中間に位置するような制度です。裁判所に申しだてするのは自己破産と同様ですが、すべて債務を免責する自己破産とは違い、債務を5分の1程度(多額の場合は10分の1)まで減額し、同時に任意整理と同様に長期分割払いにしてもらうという制度です。

便利に見える債務整理ですが、慎重に考えるべく債務整理のデメリットについても理解しておくべきです。